読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年度日本一美味しい納豆を食べてみた

 

こんにちは、こんばんは( ◠‿◠ )

久々のブログ更新です!

 

今回は、今年度の全国納豆鑑評会という

納豆の品評会で、全国一位の

農林水産大臣賞を獲得した

山下食品さんの『心和(こころなごみ)』

という納豆をいただきました✨

 

f:id:YAMATOMA:20161126205220j:image

 

f:id:YAMATOMA:20161126205231j:image

 

70g×2パックで1,080円という高価格ですが

味は如何なものか...

 

いつも食べてる市販のものと食べ比べてみました。

f:id:YAMATOMA:20161126205510j:image

 

まず開けたらわかるのは

大豆一粒一粒の艶の違い。

心和の豆の艶が段違いに綺麗。

もう一つ驚いたのは、かき混ぜる前から既に

粘りが強いこと。

 

それぞれ器にあけて

200回ずつかき混ぜてみました。

普段ここまでかき混ぜないので

腕が疲れてしまいました笑

 

⚫︎市販のもの

こちらも道産大豆のなので、他の納豆よりは充分粘りが強いです。しかし...

f:id:YAMATOMA:20161126205753j:image

 

⚫︎心和

写真でみてもわかるように

心和は粘りが圧倒的に強いです。

大豆が糸に絡まって真っ白ですね。

もしこんな糸に絡まってしまったらどんな虫も逃げられず、餌食になってしまいます。誰にだよ。

f:id:YAMATOMA:20161126205823j:image

 

f:id:YAMATOMA:20161126205835j:image

 

まずタレをかけずに実食。

市販のほうは...硬いです。

豆の皮の硬さと渋みを感じます。

普段ごはんにかけて食べていると気になりませんが 、納豆一粒一粒を噛み締めてみると

どうしても気になってしまいます。

 

比べ心和というと...

 

驚くほど、ふっくらとしています。

歯の通り方が違いました。

皮というワンクッションを全く感じさせません。

そして大豆の甘みと香りを

より顕著に感じました。

雑味のない自然な甘さです。

 

その後は海苔や鮪の刺身、塩辛等と合わせて食べました。

ただ、心和はそのまま食べた方が

より美味しさを感じることが出来ました。

f:id:YAMATOMA:20161126211611j:image

 

また、食べ比べているうちに時間が経ってしまい

市販のほうは粘りが消えてしまいましたが...

f:id:YAMATOMA:20161126211706j:image

 

心和のほうは粘りが健在。

いやあ、さすが日本一の納豆でした。

f:id:YAMATOMA:20161126211735j:image